理事長メッセージ

医療法人社団秀慈会は、静岡市内で施設から在宅まで幅広い医療・介護を提供しており、法人の中核施設である白萩病院の地域包括ケア病床を中心に急性期病院や開業医および、居宅支援事業所からの患者様の入院を受け入れ、さらに隣接する介護老人保健施設「萩の里」と連携しながら、慢性期リハビリや在宅支援そして、認知症患者様の受入れも積極的に行っております。

静岡市は大病院と診療所が多く、中間施設が不足しています。今後、7対1の一般急性期病床を大病院が担うことになるとすれば、中小病院は何をすべきかがおのずと見えてきます。
他では行われていない独自のもの、地域住民の皆様に必要とされる、医療と介護が一体となったサービス提供を行っています。市内にある多くの老健は長期入所者が多く、いわば特養化しています。当施設では、他の老健では重症で受け入れられない患者様や在宅復帰を目指している患者様に対しても白萩病院や法人内在宅系施設と協働して在宅復帰リハビリを強化しており、少しでも患者・利用者様が自宅へ帰れるようにサポートしております。さらに、地域連携室を強化し、一人の患者様、利用者様を医療・介護・在宅の3方面から観られるオペレーターによる入院から入所そして在宅復帰へと切れ目ないサービスを提供しております。

また、認知症の周辺症状(BPSD)を伴う患者様を少量の薬物療法を駆使し、ショートステイで診ることにより、精神科病院への入院を減らし、在宅へ帰すことを可能にしており、同時に精神科病院からの患者様の受け皿となるような独自のパスも作成しております。そして、秀慈会で実践している少量薬物療法×在宅強化型老健の仕組みにもう一つ欠かせないのが「感謝」の心です。施設をご利用頂いているご家族には、職員に感謝の言葉をかけて頂くことにより、職員のモチベーションが上がり、離職者もほとんどいなくなりました。『少量薬物療法×在宅強化型老健×感謝』の方程式により、施設の雰囲気がとても明るくなり患者様がニコニコしていて、家族がまた来たいと思う施設を目指しています。さらに認知症カフェを通しても、認知症の家族の負担を減らし、認知症への理解も広め、これらにより、地域の認知症『駆け込み寺』的施設を実現でき、地域包括ケアの一助になればと考えております。そして、医療・介護の本質である患者・利用者様へのサービスとは何であるのかを常に追求する医療法人であり続けるつもりでおります。

また、人間作りにも力を入れており、人間に勝る財産はないと思っております。組織経営のベースは職員の教育であり、その上でよりプロフェッショナルな組織を作るために臨床・研究・開発に力を入れております。秀慈会では、職種を問わず「人間学」を学ぶ勉強会を定期的に行い、さらに医師を始め、看護・介護職員も積極的に学会発表や研修会の参加を推奨し、職員一同も自己研讃に努めております。これから、医療と介護を一体化し、地域全体で「在宅」を支援する仕組みを作っていきたいと思います。法人全体で理念を共有し、「利他の心」で実践躬行し、それを核に時代の変化を先取りできるリーダーを育て「不易流行」を座右の銘として、地域の医療・介護・福祉の発展向上に貢献するつもりであります。

医療法人社団 秀慈会 理事長
萩原 秀男