当法人の感染症対策について

当法人は、新型コロナウイルス等の感染症に対し、機器の設置や、標準予防の徹底等、様々な対策をしています。

患者様・ご利用者様の不安を解消し、ご利用者様に安心して来設して頂けるよう、当法人における感染対策をご紹介させて頂きます。

低濃度オゾン発生装置の設置

低濃度オゾン発生装置は東京消防庁や静岡県消防局、防衛省でも使用されています。以前は救急車からのコロナ感染が問題視されていましたが、オゾン発生装置の導入により、今日そのような話は聞かれておりません。

オゾンには強い酸化力があり、様々な菌やウイルスを不活化させる効果があると言われています。また、アルコール噴霧器や次亜塩素酸を利用した機器に比べ、菌やウイルスを不活化させる効果が高いとされています。オゾンは濃度が低ければ(0.1ppm以下)人体への影響もないとされており、本機器においても公的機関より正常範囲内の濃度と認められています。

オゾン水の活用

オゾンを水に溶かしたものがオゾン水です。オゾン水を空間に散布したり、手指消毒などに活用して感染症対策をしております。オゾン水も様々な菌やウイルスの不活化が期待できます。オゾン水は、酸化による除菌後、10分程度で酸素と水へ戻るので、安全性はきわめて高いことで知られています。

空気循環式紫外線清浄機の設置

紫外線の力で空気清浄を行う空気循環式紫外線清浄機も設置しています。室内の空気を取り込み、紫外線を照射して菌を抑制し、清潔な空気を送り出す循環型装置です。紫外線は浮遊する菌やウイルスを不活化させます。こちらの機器においても、新型コロナウイルスが不活化したという研究結果が発表されています。

その他の標準予防策の徹底

アクリル板の設置、マスクやフェイスシールドの着用の徹底、定期的な検温の実施等、標準的な予防策を徹底しております。