新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告【第一報】

7月15日(金)、白萩病院の入院患者様2名、職員3名が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明しました。

現在、当該病棟に入院している全患者様及び関係する職員全員に検査を行い、結果の報告を待っている状況です。

本件に伴いまして、本日7月15日より当面の期間、当該病棟への入退院及び全病棟での面会を制限させて頂くこととなりました。
また、7月18日(月)~7月29日(金)の外来診療および新型コロナウイルスワクチン予防接種は中止させて頂くこととなりました。

当院としましては、感染拡大を防ぐべくこれまで以上に病院内の消毒・換気等の徹底を行い、感染拡大防止に最大限の努力をして参ります。また、今後は保健所・ふじのくに感染症専門医協働チーム(FICT)にも相談しながら感染症対策を実践していきます。
関係する皆様方におかれましては大変なご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解の程、宜しくお願い致します。

今後新たな情報がありましたら随時ご報告させて頂きます。

白萩病院 院長
坂田壽衛