秀慈会の人材育成

秀慈会では国の方針に沿った医療・介護の取組みを目指しており、在宅復帰して家族の負担を最小限に
抑えて家で過ごせるよう、『認知症』と『リハビリテーション』に力を入れています。
職員を教育し、認知症やリハビリテーションに関して医学的研究・臨床を行い、
常に新たな開発も挑戦して多方面から医療と介護の充実を図っております。

看護師・介護士の教育

地域住民の健康回復への援助者として、患者様や利用者様のニーズに適したケアを提供しています。
看護・介護ともに段階的な指導を実施し、法人内外の研修会への参加、学会活動にも積極的に取り組むことにより専門的な知識・技術の向上を図っています。
中途採用の看護師には「中途採用看護師教育プログラム」に沿って、教育・指導を行います。
特に認知症についての勉強会を毎朝行い、認知症への理解を深め、すべての人がその人らしく生活できるようケアしています。
また、人間学としての哲学の勉強会を通して一人ひとりが成長できるように支援し、職員の人材育成にも力を入れています。

人格向上に対する社内勉強会『社内木鶏会』

平成24年1月より職員たちによる自主的な勉強会を実施しています。テーマは 『人間学』で、致知出版社より毎月発行されている雑誌『致知』を活用し、掲載される記事を題材に感想文を発表・意見交換会を行っています。
木鶏会の目的は「1. 職員一人ひとりの人生・仕事に対する意識を高め、人間力の向上を目指している。」「2. 組織内の交流を深め、他職種とのチームワーク向上、目標や方向性を一つにしていく。」の2つです。
「木鶏会に参加することで考え方が向上し、離職率が低下した」「様々な職種が参加し、コミュニケーション力がアップし明るい職場となった」など、木鶏会が美点凝視を徹底することで各自の自己肯定観が高まり、素直に学ぶ雰囲気が出来、職員間のコミュニケーションの場として機能し、チームワークや共通の認識が生まれ仕事をしやすい雰囲気が生まれる一端となっています。

研究・臨床及び学会発表・論文投稿の推進

萩の里では医師をはじめ、介護市職員も積極的に学会発表や論文投稿を実施しています。特に認知症やBPSD、それに対応する少量薬物療法について症例を挙げ、日々新たな知識を培っています。

働きながら資格取得可能『介護福祉士実務者養成校』

平成27年5月に介護福祉士実務者養成校を開校しました。働きながら受講できます。学費免除あり(例 全課程16万円→6.7万円)料金は4通りあります。